早稲田大学を中心に解答解説ページを作成中(解答優先) 早稲田大学のカテゴリーページへ

中央大学 試験情報 法学部

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

全学部入試:6学部共通選抜

4教科型

入試科目:法学科・政治学科450点満点、国際企業関係法学科500点満点

教科・科目配点範囲備考
外国語150英語国際企業関係法学科は
150点を200点に換算
国語100国語総合(漢文を除く)
地理歴史・公民100日本史B、世界史B、政治・経済、から選択
数学100数Ⅰ・A、数Ⅱ・B<数列・ベクトル>
科目配点範囲備考
  • 得点は、原則として偏差点を使用します。

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
2024法律学科270.4
国際企業関係法学科301.7
政治学科261.6
2023法律学科269.72.962.5
国際企業関係法学科326.73.060.0
政治学科257.91.560.0
2022法律学科265.62.9
国際企業関係法学科314.35.7
政治学科256.51.3
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
入試結果ボーダーライン
  • 合格最低点は偏差点を使用しています。
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/

3教科型

入試科目:法学科・政治学科350点満点、国際企業関係法学科400点満点

教科・科目配点範囲備考
外国語150英語国際企業関係法学科は
150点を200点に換算
国語100国語総合(漢文を除く)漢文を除く
地理歴史・公民・数学100日本史B、世界史B、政治・経済、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B<数列・ベクトル>)から選択「地理歴史・公民」と「数学」の両方を受験した場合は、高得点教科の得点を合否判定に使用します。
科目配点範囲備考
  • 得点は、原則として偏差点を使用します。

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
2024法律学科233.0
国際企業関係法学科261.1
政治学科224.5
2023法律学科237.68.065.0
国際企業関係法学科263.12.562.5
政治学科226.53.362.5
2022法律学科234.68.2
国際企業関係法学科260.43.4
政治学科224.13.2
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
入試結果ボーダーライン
  • 合格最低点は偏差点を使用しています。
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/
  • 外部サイト「スタディサプリ進路」へ遷移します。
  • プロモーションを含みます。

 

個別一般入試:学部別選抜(一般方式)

4教科型

入試科目:法学科・政治学科450点満点、国際企業関係法学科500点満点

教科・科目配点範囲備考
外国語150英語国際企業関係法学科は
150点を200点に換算
国語100国語総合(漢文を除く)
地理歴史・公民100日本史B、世界史B、政治・経済、から選択
数学100数Ⅰ・A、数Ⅱ・B<数列・ベクトル>
科目配点範囲備考
  • 得点は必要に応じ、偏差点を使用する場合があります。

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
2023法律学科254.92.6
国際企業関係法学科271.12.5
政治学科233.11.9
2022法律学科250.12.560.0
国際企業関係法学科271.22.460.0
政治学科238.12.160.0
2021法律学科255.92.6
国際企業関係法学科261.42.3
政治学科238.32.1
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
入試結果ボーダーライン
  • 合格最低点は偏差点を使用しています。
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/

3教科型

入試科目:法学科・政治学科350点満点、国際企業関係法学科400点満点

教科・科目配点範囲備考
外国語150英語国際企業関係法学科は
150点を200点に換算
国語100国語総合(漢文を除く)
地理歴史・公民・数学100日本史B、世界史B、政治・経済、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B<数列・ベクトル>)から選択「地理歴史・公民」と「数学」の両方を受験した場合は、高得点教科の得点を合否判定に使用します。
科目配点範囲備考
  • 得点は必要に応じ、偏差点を使用する場合があります。

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
2023法律学科207.94.2
国際企業関係法学科227.13.2
政治学科199.73.3
2022法律学科209.34.362.5
国際企業関係法学科232.23.757.5
政治学科191.92.760.0
2021法律学科204.93.7
国際企業関係法学科212.82.3
政治学科191.82.7
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率偏差値
入試結果ボーダーライン
  • 合格最低点は偏差点を使用しています。
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/
  • 外部サイト「スタディサプリ進路」へ遷移します。
  • プロモーションを含みます。

 

共テ利用:大学入学共通テスト利用選抜(単独方式)

前期選考 3教科型

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率共通テスト
得点率
2023法律学科非公表非公表4.384
国際企業関係法学科非公表非公表2.177
政治学科非公表非公表2.780
2022法律学科非公表非公表
国際企業関係法学科非公表非公表
政治学科非公表非公表
2021法律学科非公表非公表
国際企業関係法学科非公表非公表
政治学科非公表非公表
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率共通テスト
得点率
入試結果ボーダーライン
※ 共通テスト 主要科目平均点
教科科目満点平均点
2024202320222021
外国語英語リーディング10051.5453.8161.8058.80
リスニング10067.2462.3559.4556.16
数学数学Ⅰ10034.6237.8421.8939.11
数学Ⅰ・数学A10051.3855.6537.9657.68
数学Ⅱ10035.4337.6534.4139.51
数学Ⅱ・数学B10057.7461.4843.0659.93
国語国語200116.50105.74110.26117.51
理科物理基礎5028.7228.1930.4037.55
化学基礎5027.3129.4227.7324.65
生物基礎5031.5724.6623.9029.17
地学基礎5035.5635.0335.4733.52
物理10062.9763.3960.7262.36
化学10054.7754.0147.6357.59
生物10054.8248.4648.8172.64
地学10056.6249.8552.7246.65
地理歴史世界史A10042.1636.3248.1046.14
世界史B10060.2858.4365.8363.49
日本史A10042.0445.3840.9749.57
日本史B10056.2759.7552.8164.26
地理A10055.7555.1951.6259.98
地理B10065.7460.4658.9960.06
公民現代社会10055.9459.4660.8458.40
倫理10056.4459.0263.2971.96
政治・経済10044.3550.9656.7757.03
倫理、政治・経済10061.2660.5969.7369.26
総合型5教科7科目文系型 ※900536530507555
5教科7科目理系型 ※900557548510571
5教科6科目型 ※800493485457505
教科科目満点2024202320222021
平均点
  • 科目平均点は大学入試センター発表の数値
    • 得点調整を実施した科目は調整後の平均点
    • 理科①は2科目を1科目とみなして集計
    • 総合型は河合塾推定値(https://www.keinet.ne.jp
  • 総合型
    • 5教科7科目文系型…英語・数学(2科目)・国語・理科(1科目)・地歴公民(2科目)受験者
    • 5教科7科目理系型…英語・数学(2科目)・国語・理科(2科目)・地歴公民(1科目)受験者
    • 5教科6科目型…英語・数学(2科目)・国語・理科(1科目)・地歴公民(1科目)受験者
      (母集団には5教科7科目文系型、5教科7科目理系型を含む)
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/
  • 外部サイト「スタディサプリ進路」へ遷移します。
  • プロモーションを含みます。

 

前期選考 5教科型

入試結果・ボーダーライン

年度学科・専攻入試結果ボーダーライン
合格
最低点
最低
得点率
実質倍率共通テスト
得点率
2023法律学科非公表非公表1.680
国際企業関係法学科非公表非公表1.475
政治学科非公表非公表1.579
2022法律学科非公表非公表
国際企業関係法学科非公表非公表
政治学科非公表非公表
2021法律学科非公表非公表
国際企業関係法学科非公表非公表
政治学科非公表非公表
年度学科・専攻合格
最低点
最低
得点率
実質倍率共通テスト
得点率
入試結果ボーダーライン
※ 共通テスト 主要科目平均点
教科科目満点平均点
2024202320222021
外国語英語リーディング10051.5453.8161.8058.80
リスニング10067.2462.3559.4556.16
数学数学Ⅰ10034.6237.8421.8939.11
数学Ⅰ・数学A10051.3855.6537.9657.68
数学Ⅱ10035.4337.6534.4139.51
数学Ⅱ・数学B10057.7461.4843.0659.93
国語国語200116.50105.74110.26117.51
理科物理基礎5028.7228.1930.4037.55
化学基礎5027.3129.4227.7324.65
生物基礎5031.5724.6623.9029.17
地学基礎5035.5635.0335.4733.52
物理10062.9763.3960.7262.36
化学10054.7754.0147.6357.59
生物10054.8248.4648.8172.64
地学10056.6249.8552.7246.65
地理歴史世界史A10042.1636.3248.1046.14
世界史B10060.2858.4365.8363.49
日本史A10042.0445.3840.9749.57
日本史B10056.2759.7552.8164.26
地理A10055.7555.1951.6259.98
地理B10065.7460.4658.9960.06
公民現代社会10055.9459.4660.8458.40
倫理10056.4459.0263.2971.96
政治・経済10044.3550.9656.7757.03
倫理、政治・経済10061.2660.5969.7369.26
総合型5教科7科目文系型 ※900536530507555
5教科7科目理系型 ※900557548510571
5教科6科目型 ※800493485457505
教科科目満点2024202320222021
平均点
  • 科目平均点は大学入試センター発表の数値
    • 得点調整を実施した科目は調整後の平均点
    • 理科①は2科目を1科目とみなして集計
    • 総合型は河合塾推定値(https://www.keinet.ne.jp
  • 総合型
    • 5教科7科目文系型…英語・数学(2科目)・国語・理科(1科目)・地歴公民(2科目)受験者
    • 5教科7科目理系型…英語・数学(2科目)・国語・理科(2科目)・地歴公民(1科目)受験者
    • 5教科6科目型…英語・数学(2科目)・国語・理科(1科目)・地歴公民(1科目)受験者
      (母集団には5教科7科目文系型、5教科7科目理系型を含む)
※ ボーダーラインについて

偏差値は大手予備校の河合塾のものを掲載しています。
偏差値は、河合塾の予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を示しています。

ボーダーラインとは(抜粋)
  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • ボーダーラインには、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。
    • ボーダー得点(率)について
      共通テストを利用する方式に設定しています。共通テストの難易度を各大学の共通テストの科目・配点に沿って得点(率)で算出しています。なお、ボーダー得点(率)の設定基礎となっているのは前年度の共通テスト本試験です。共通テストの問題の難易度の変化により変動します。共通テスト実施後は、「共通テストリサーチ」での集計をもとに再設定を行います。
    • ボーダー偏差値について
      各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を全統模試の偏差値帯で示しています。偏差値帯は下記16区分設定しています。
      37.4以下、37.5~39.9、40.0~42.4、42.5~44.9、45.0~47.4、47.5~49.9、50.0~52.4、52.5~54.9、55.0~57.4、57.5~59.9、60.0~62.4、62.5~64.9、65.0~67.4、67.5~69.9、70.0~72.4、72.5以上
      本表では、各偏差値帯の下限値を表示しています。このうち37.4以下の偏差値帯は便宜上35.0で表示しています。
      偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。
      なお、ボーダーラインの設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在せず、ボーダーラインが設定できなかった場合、ボーダー・フリー(BF)としています。
  • ボーダーラインは一般入試を対象として設定しています。ただし、選考が実技や書類審査のみによって行われる大学や私立大学の2期・後期入試に該当するものは、ボーダーラインを設定していません。
  • 学部系統別のランキング表には、ボーダー・フリー(BF)の大学と私立大の共通テスト利用方式は掲載していません。
  • 国公立大2次・私大の科目数については、必要科目数を表示しています。小論文・総合問題・実技等は科目数にカウントしていません。また、新設等で科目数が未判明の場合は「-」となっています。
  • 科目数が選択によって多岐にわたる場合は代表的なものを表示しています。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。
河合塾 Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/
  • 外部サイト「スタディサプリ進路」へ遷移します。
  • プロモーションを含みます。

 

MARCH
関関同立

過去問

全学部入試:6学部共通選抜

スクロールできます
スクロールできます

関連学部

社会・国際学系

法・政治学系

目次